FC2ブログ

愛撫の仕方(ペッティングの基本とは) - アダルト動画無修正でおまんこを視聴しながらセックステクニックを上げる方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛撫の仕方(ペッティングの基本とは)



キスの後は、耳、うなじ、首、背中と責めていくことになります。

ここで口や舌での愛撫も重要ですが、
なんといっても、女性の快感を高めていってくれるのは、
ペッティングの基本である超ソフトなボディタッチなんです。

女性は上手い人にボディタッチされると、全身がぞわぞわっと鳥肌がたってきます。
触り方としては触られてるのかな、触られてないのかな程度の極々軽いボディタッチで、
産毛をなでるような感じにするんです。
これに『触られてるな』と感じられる、ちょっと強めのボディタッチをプラスします。
直線的に動かしたり、蛇行するようにしたり、円を描くように動かしたり
動きにバリエーションをつけます。

慣れるまでは難しいかもしれませんが、何度かトライして感覚を掴んでください。
この触り方が基本になってきますから、ぜひマスターしてください。 

このスーパーソフトタッチは、5本指全部を使います。
指を軽く曲げる形で、ボディタッチをしていきます。
重要なのは、丁寧に時間をかけてやることを絶対に忘れないでください。
これが、その後に超快感に導くための土台になります。

スーパーソフトタッチで注意するのは、手を動かすスピードです。
はじめはゆっくり進めてください
早すぎるとくすぐったく感じることも多いので、「こんなにゆっくりでいいの」
と思うくらいのスピードで動かしてください。

このスーパーソフトタッチは、触感として気持ちいいのもありますが
「焦らす」効果もあります。
ゆったりと軽いタッチを繰り返され快感が高まってくると、
「もっと触って欲しい」という欲求が高まってくるんです。

そこに少し強めのタッチが加えられていく・・・そう思うと、
また軽いタッチに戻って・・・。
この焦らしに似たタッチの繰り返しによって女性の快感神経が刺激されまくり、
ドーパミンが大量に分泌されるんです。

こうしていくと、女性の身体は感度がマックスになっていき、
どこを触られても全身が性感帯になっていきます。

軽いタッチと少し強いタッチの比率は9:1 を目安にしてください。
少し強いタッチはあくまでアクセントです。

さらに、このスーパーソフトタッチをさらに効果的に使う方法をお教えします。
乳房と乳首を愛撫した後に、さらに下に進みますが、
オマンコを触らず焦らす愛撫もしていきます。
恥丘までは愛撫するけど、オマンコはパスして太ももへ移行します。
太ももは、内もも、外もも、骨盤と脚の付け根添い、内ももの付け根添いと
まんべんなくスーパーソフトタッチで愛撫します。
太ももをたっぷり愛撫した後にオマンコへ進んでください。



次へボタン


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。